一般診療

歯周病対策などの通常の歯科・歯医者診療に関しての御案内です。つるみ歯科口腔外科クリニックでは、大阪市内各エリアから 多くの患者様にご来院いただいております。 このページでは、歯周病を正しく理解すること、再生治療についての治療方法、また、口腔外科に関しての情報を掲載しております。

歯周病について

歯周病とは、「生活習慣病」の1つで、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を
溶かしてしまう病気です。成人の歯周病は、自覚症状もなく発症し適切な処置を行わない限り、加齢とともに進行します。

歯周病

歯周病は細菌により炎症が起こり、歯周組織が壊されるため、歯を支えることができなくなります。
歯茎(はぐき)が腫れ、歯がぐらぐらして、咬むと痛くなり最後は歯が抜け落ちてしまいます。
入れ歯になるのは、歯周病が原因になることが多数あります。
歯周病(歯槽膿漏)を主訴として来院される患者さんの大半が、かなり病気が進行しています。
歯肉が腫れたり、歯が動いてる場合は、病気になってから長い期間放置していたために治療時間がかかります。
根気よく通院してくださるようにお願いします。
当医院では歯周病が進行していると思われる患者さんには十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

再生治療について

▼最先端歯周病治療・再生治療

歯周病で骨吸収が進んだ歯などを、骨も含めて歯周組織を再生させることを歯周病再生治療といいます。
歯周病は通常、歯槽骨などの破壊がゆっくり進みますが、中には進行が早く、治りにくいものもあります。
軽い歯周病であれば、歯の周りを清潔に保ち続ける治療を行うことで、治すことができます。
重度の歯周病により歯の周囲の骨を失ってしまった場合には、その骨を元の健康状態に近づくように改善していくために、
外科的な処置が必要になってきます。この手術の前に歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための、
歯科用の材料が使われることがあります。

▼エムドゲイン治療

エムドゲイン治療

エムドゲインとは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。
エムドゲイン法の目的は、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種でできています。
歯周病外科手術の際、歯の根面にエムドゲインを塗布する事により、歯が発生過程と似たような環境を
再現します。初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。

口腔外科について

治療イメージ

口腔外科とは虫歯や歯周病以外の口腔の病気を専門として診る科です。
親知らずの抜歯や口腔癌、良性腫瘍の摘出、顎関節症、唾液腺疾患、三叉神経痛、口腔内の外傷など
高度な知識と技術を必要とするさまざまな疾患の診断と治療をおこなっています。
一般的に口腔外科を標榜する開業歯科は、一般の歯科診療をする傍らで、簡単な小手術を行ったり、
一般歯科の範疇を越える炎症や外傷の処置、重篤な口腔内の疾患の早期発見、これらの疾患に対して、
専門病院の紹介をしたりしています。
つるみ歯科口腔外科クリニックでは、入院施設や全身麻酔の設備を持っていませんので、局所麻酔
あるいは笑気精神鎮静法の併用によって行うことのできる範囲の手術に限られますがほとんどの手術は
つるみ歯科で行われます。診査の結果、より詳しい検査や入院下での管理が必要であったり、
全身麻酔での手術が必要な場合は、より高度な設備の整った大阪歯科大学など、大学病院の専門医を
御紹介いたします。