治療理念

当医院の治療方針

当医院では、下記の治療方針の元、治療を行なっています。お気づきの点がございましたら、スタッフまでお申し付けください。

▼治療の内容を丁寧に説明する

歯科医には治療の内容を説明する義務があります。そして、患者さんはその内容を納得し、いくつかの選択肢の中から
治療方法を選ぶ権利があります。これをインフォームド・コンセントといいます。
なんの説明もないままに治療が始まり、高額な金額を請求されたのでは信用できません。
当医院ではインフォームド・コンセントを行なっております。

▼ 患者さんの話をよく聞く

患者さんの希望や質問に耳を傾け丁寧に回答いたします。いくら腕が良くて評判でも、インフォームド・コンセントができていない
歯科医では、かかりつけ歯科医には向いていません。

▼ よい歯科衛生士がいる

歯科医師と歯科衛生士がきっちりと手を組んで、治療だけでなく定期健診などの予防も熱心に行います。

虫歯の治療について

治療イメージ

従来のさまざまな理由で、その原因療法(なぜ虫歯になったのか)よりも対症療法
(例えば削って詰めること)が中心となる傾向がありました。
その結果、一度治したはずの歯が再びむし歯になったり、せっかく高価な材料で治した
のに、思いのほかもたなかったりといった事を度々経験されたかたも多いことと思います。
痛みがとれて、詰めたり・被せたりすると、それで治ったものと安心しがちと思いますが、
実はそれからがスタートなのです。
「何が原因でむし歯になったのか?」もう一度考えてみましょう!!

つるみ歯科口腔外科クリニックでは、その病気の原因についてきちんと分析してから
治療を開始したいと考えています。(もちろん、痛みなどの緊急処置については、
すみやかに行います。)したがって多くの場合、比較的早い段階で、生活の指導や
ブラッシング指導をさせていただくため、他の歯科医院に比べ、治療期間が
長くなる傾向があります。生きている木と材木の寿命を比べればわかるように
生物と無生物では、たいていは生きている方が長持ちします。
歯も同じで神経をとってしまうと、天然歯に比べどうしても寿命が短くなります。
歯をできるだけ削らなくてもすむように、早期発見と予防の為に定期健診を受けましょう!
歯科受診がついつい遅れてしまう理由は、「治療が痛いのではないか」という
不安ではないかと思います。つるみ歯科では、できるだけ痛みのないよう
第一に考えていますので、どうぞ安心して通院してください。

アマルガムについて

今から10年以上前に治療した銀歯で黒く変色してきているものはありませんか?
もしあるのならそれはアマルガムの可能性があります。
アマルガムは水銀を含んでいます。黒ずんでいるなら水銀が溶け出している可能性があります。
有害なアマルガムを除去することによりアマルガムに含まれる水銀が体内に溶け出して蓄積されるのを未然に防ぎます。
またアマルガムの代わりにレジンと呼ばれる硬質プラスチックを詰めるので保険内で白い歯になります。

歯周病の治療について

治療イメージ

歯周病を〔歯槽膿漏)を主訴として来院される患者さんの大半が、
かなり病気が進行しています。歯肉が腫れたり、歯が動いてる場合は、
病気になってから長い期間放置していたために治療にも時間がかかり
ます。根気よく通院してくださるようにお願いします。
鶴見口腔外科インプラントセンターでは、歯周病がかなり進行しそうな
患者さんには、ご本人の自覚がない場合でも、あらかじめ歯周病に
ついてご説明するように心がけています。歯周病は予防が第一です。
私たちの熱い情熱を是非、皆様のご健康に役立ててください。

小児の治療について

幼い時に精神的ダメージを受けて、大人になっても引きずっていることを「トラウマ」といいます。
最近、アメリカで幼い時期にUFOにさらわれた経験があるという大半の人が、幼児期に
歯科医院で無理やり歯科治療を受けた事があるという事実が判明してきました。
つまり、UFOの誘拐された事と歯科治療を受けたことを勘違いしているのです。
それぐらい子供にとって無理やり押さえつけられて治療されることは、精神的ダメージが
強かったのでしょう。そこで、つるみ歯科口腔外科クリニックでは以下の事を徹底しています。

小児の治療・徹底項目

以上の事を徹底し、お子さんが歯科治療に対して不安がないと診断されてから治療を開始しますので、
他の歯科医院に比べ治療期間が長くなる傾向があります。
(直ちに治療しないといけないと判断された場合は、押さえつけて行う場合があります。)
ある日突然、知り合いが「実は、私、昔UFOに誘拐されてん!」と言い出したら、笑わず黙って話を聞いて
あげてください。最後に「歯医者 変えたら?」と言ってあげてください。